ソフィアの日記
よくある日記。 ・・・いや、やっぱりあんまりないか?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/04/05(火)   CATEGORY: 未分類
気後れすること。
大学がこの前の土曜日から既に始まりました。

月曜、火曜とオリエンテーションやガイダンスが続きます。
今日は履修ガイダンスとやらを受けてきたんですが…


これは…面倒だ…


しかも教職課程を含めていろいろ授業を取ったりしないといけなくて
めんどくささ三倍。

誰かにまる投げしたい気分です。誰か可愛い秘書とかにやってもらいたい(ry

それと今日から部活やサークルの勧誘が始まりました。
自分としてはいろんな部活に入りたいと思う一方
散々な2年間を過ごしたことを反省する気持ちもあり、
勉強とのバランスを考えるとなかなか気軽には入れませんね。

「しかし一つのサークルに身を捧げるということは
ともすれば大学生活を丸ごと棒に振るということにもなりかねない。
リスクは分散すべし。
複数のサークルに参加して多角的な薔薇色のキャンパスライフを送るのだ!」

ってもなー…漫研以外いろいろ入ると高校の二の舞になる気がs(yr
DATE: 2011/03/14(月)   CATEGORY: 日記
輪番と停電です。
いよいよもって異常事態です。

東京電力下にある私の住所は輪番停電の範囲内だそうで…


私のところは2つの区域に分けてそれぞれのパターンで停電するらしいのですが
どちらでパターンで停電になるのかわかりません。

とりあえず全滅予定の冷凍食品でも食べることにします…
DATE: 2011/03/12(土)   CATEGORY: 日記
地震と恐怖です。
3月11日の午後三時前後、東北地方太平洋沖で地震がありました。

私の住む横浜あたりでも3時前あたりから揺れを感じました。
私の住んでいるところは震度3~5とありましたが、かなり恐怖を感じました。

ニュージーランド、クライストチャーチの地震が起きた後で
私の中で大地震の現実味が増していたところでしたが
頭のどこかでは自分は無関係だと思うところがあったんでしょう。

日本に住んでいる以上、仕方のないこととは思うのですが、
実際に身近に感じてみるとこの国から逃げ出したくなりました。


最初は気のせいか弱い地震だろうと思っていたのですが
暫く揺れも続き、それなりの大きさを感じ、焦りはじめました。

最初は大した揺れじゃあないなと自分に言い聞かせて現実逃避。
恐らく本当に大きい地震だったら真っ先に死んでいる対応ですな…

暫くして戻ると再び地震が。
流石に危機感を覚え、出口確保等々をしました。

その後も余震が続き、怖かったです。
テレビをつけてみると地震や津波の被害状況を中継していたのですが
黒い波が押し寄せ、船や家、車などがいとも容易に流されていく
様子は俄かには信じられないものでした。
一昨日の地震で発生した60cm程度の津波を笑っていた時からたった数日後
このような様をみることになるとは予想もしませんでした。


被災地の人たちは辛いでしょうが、頑張ってほしいです。
DATE: 2011/03/11(金)   CATEGORY: 日記
苦渋と帰還です。
このアナベルガトーは10日待ったのだ!
横浜よ、私は帰ってきたぁあああああああ

この名古屋にいた10日間、やったことを全て覚えているくらい
中身の無い時間だった…

名古屋城に行って来ましたが

この時期だと時間がある大学生と見られるグループが来ていたりしましたが
何かあれです。クリスマスのディズニーランドに一人で行ってきた
みたいな感じの妙な疎外感。

もっと長く滞在していても構わんのだろう?
みたいに言われはしましたが、予定どうり10日で帰ってきました


19日のことを考えてなかったら確実に精神崩壊しているレベルだった…
DATE: 2011/02/28(月)   CATEGORY: 日記
左遷と旅行です。
この前の27日をもって、今回の受験全ての発表が終わりました。

さて、これからゆっくりできるかと思いきや、

父「ちょっと名古屋行ってきてくれ」
私「いいけど…どれくらいですか」
父「10日間くらい」
私「…!?」

今まで受験が長引いて顔を暫く見せていなかったのが理由っぽいです

なんという左遷。面倒である他何も無い…

折角名古屋まで行くから観光でも…と思ったんですが、
世界史選択の私にとってはちょっと微妙ですね…

Copyright © ソフィアの日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。